出産後の腰部・右臀部の強い痛み

T・E 様

お住いの地域
大阪市旭区
ご年齢
30代
お仕事
主婦
お悩みの症状
右腰~臀部への急激な痛み 仰向けで寝れない

T・E 様が当院に来院された経緯

妊娠中から腰に軽い痛みを感じていたが、1ヶ月前に出産され(初産)症状が悪化。痛みのため仰向けで寝れなくなり、朝起き上がろうとした時にもすぐには動けないまでになる。子供中心の生活である為なかなか時間がとれず、しばらく我慢していたが状態が変わらず抱っこやオムツ交換など育児に支障が出ているので、当院ホームページを通じて来院された。

 

 

 

治療内容と経過

姿勢分析:右骨盤下がり-左肩下がりが著明/前傾姿勢

可動域検査:腰椎伸展・右回旋制限が著明/屈曲で軽度の制限/右股関節の内旋制限

理学的検査:パトリック陽性/SLRテスト陰性/右下肢MMT低下

これらの事から妊娠中より腰部へのストレスが掛かり疲労が蓄積され、腰臀部近位筋群の体液循環が滞って脊柱・骨盤のゆがみが起こり、さらに出産後の仙腸関節・恥骨結合の緩みによって引き起こされた症状であると考えた。

1回目:頚椎・骨盤矯正にて全体のゆがみを調整し、筋膜リリースで体液循環の改善を促した。肝臓部の重さも確認されたので内臓循環調整を施す。

2回目:施術前で最初の痛みを10とすると6まで軽減しているとの事。腰椎の可動域が広がり、体が起こせるようになっている。同様に施術を継続し可動域の改善を促す。

5回目:施術前で最初の痛みを10とすると2まで軽減しているとの事。仰向けで寝る事も出来るようになり、起き上がるのもスムーズになっている。抱っこが続くとやや腰部の痛みが出る。

期間を空けながら経過観察し、8回目の施術にて症状はほぼ消失する。2週間空けてもらい状態の変化をみてもらうが、強い痛みや動きの制限も出る事は無かった。

育児での睡眠不足・疲労の蓄積は避けられないので、御本人との相談のうえ再発防止のために3週間に1回のメンテナンス施術を継続中である。

同時に治療した症状

肩背部の痛み・こり感

施術方法

頚椎矯正 骨盤矯正 体液循環調整 内臓調整

考察

妊娠~出産を経て身体に大きな負担が掛かった事は元より、生活リズム・動作の変化(睡眠不足・授乳やオムツ替え・抱っこによる荷重増など)での疲労の蓄積と腰部・骨盤帯の支持機構の乱れによって引き起こされたケースであると考えた。

現時点での生活環境から、腰部・骨盤部へのストレスを取り除く事は困難であるため、自宅で出来る産後のセルフケアやエクササイズを指導し実践して頂く事で再発の防止は可能なケースであると考える。

あなたの産後の腰痛×骨盤矯正を改善する精度の高い整体をを受けてみませんか?

産後の腰痛×骨盤矯正を改善する精度の高い整体とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住所

〒535-0013
大阪市旭区森小路1-14-30

交通
森小路駅、千林大宮ともに徒歩3分
TEL

06-6955-7772

受付時間:[月~金]午前:9:00~12:30、午後:16:00~20:00

受付時間 日・祝
9:00~12:30 ×
16:00~20:00 × ×
  • 土曜(◎)は13:00まで。
  • 毎月、最初の来院日には必ず保健証をご持参ください。
06-6955-7772